Mダックス “ くぅ ” と一緒の       ぽやぽやな日々

よく動き、よく遊び、よく吠え。。おてんばミニチュア・ダックス       “ くぅ ” と毎日ドタバタなかぁちゃんのマッタリ?!ブログ

03月« 2017年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 『犬と猫と人間と』BLOGTOP » 動物愛護(ペットの殺処分etc) » TITLE … 『犬と猫と人間と』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『犬と猫と人間と』

捨て犬、捨て猫のドキュメンタリー映画

2009年公開 『犬と猫と人間と』 (飯田基晴・監督)



ペットブームの裏側で、飼育放棄は増える一方。

そのペット事情の裏側に迫った映画です。

この映画の事は知っていたのですが

なかなか目にする機会がありませんでした。

この映画の事が、日テレの

人生が変わる1分間の深イイ話

“今すぐ見たい!オススメDVDスペシャル”で紹介されました。

メディアの効果はすごいものがあるので

わずかな紹介時間ではありましたが

子供達やペットを飼っている方々の目に触れ

一人でも多くの人が、考え・行動する

キッカケになればいいなと思いました。


この映画には感動的な秘話があり、、

そもそも飯田監督が映画の発案者ではなく

制作を依頼したのは、一人の猫好きのおばあちゃん。

『制作費はこちらで用意します。私が生きている間に

動物達のおかれている現状、そして命の大切さを伝える映画を

是非作って欲しい』と監督へ申し出た。

その依頼主である稲葉恵子さんは、普通のおばあちゃん。

お金持ちでもなんでもない。

満期を迎えた生命保険金1000万を制作費として提供した。

そして、この映画は4年間もの歳月を経て完成するに至る。

大変残念な事に、映画の完成をみる事なく

稲葉さんは2007年に天国へ召されてしまった。。


『私が生きている間に…』

という、おばあちゃんの願いは届かなかったけど

不幸なペットたちを少しでも減らし

命を繋ぎ、愛おしむ気持ちを広げようとする想いは

この映画と共に、多くの人に受け継がれていくと信じたい。。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット