Mダックス “ くぅ ” と一緒の       ぽやぽやな日々

よく動き、よく遊び、よく吠え。。おてんばミニチュア・ダックス       “ くぅ ” と毎日ドタバタなかぁちゃんのマッタリ?!ブログ

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … とうとうやりましたⅡBLOGTOP » ぽやぽやな日々 » TITLE … とうとうやりましたⅡ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとうやりましたⅡ

初めてのヘルニア?腰痛?で昨日病院へ行った“くぅ”ですが

病院で注射をしてもらって帰宅してからは

普通に脚をついて歩いてましたが

さすがにまだ本来の動きとは違う状態。

でも、いつもの80%くらいの感じまで回復してました。

ソファに上りたい仕草をした時は抱っこしましたが

夜にはスロープを上り、いつものようにソファに。

お昼寝時も寝返りを何度もうつ事もなく

ぐっすり眠れている様子^^ あーよかった。。


例の“嫌な薬”なんですが、、

お察しの方も多いと思います、そうです“ステロイド”です。

ステロイドと言うだけで難色を示すのは良くないと思いましたが

初めての使う事もあり、先生にお伺いを立てました。

わたし 『先生…言いにくいのですがステロイドは、、』

先生 『えぇ、分かりますよ』

わたし 『ステロイドじゃないとダメなんでしょうか?』

先生 『いえ、どうしても嫌なら使用しない薬もあります。

    ただ、効かない事があるので今回の場合どうでしょうか』

“今回の場合”とは

1. まだ軽度なので、今回早くしっかり治したほうが良い

2. ステロイドを使わず効かなかった場合、お正月休みに入るので
  救急病院へ行かなければならなくなる

3. 救急病院へ行って、結局ステロイドを処方されるなら
  最初から使って痛みをとり、早く歩行を正常にしたほうが
  今後の再発のリスクが減る

4. 犬は人間よりステロイド耐性(だっかな?)がある

という事、副作用の事、丁寧にご説明いただきました。

先生のおっしゃる事は間違っているとは思いません。

それでも正直すごく迷いました。

わたしの一存で“くぅ”の命を削る事になる。。。。。

結果的には、ステロイドを使用する事にしたのですが

今日、一回目の薬を飲ませる直前まで悩んでました。

飲ませる時は、ものすごい罪悪感でいっぱい。

粉薬なので水で溶かしてシリンジで飲ませます。

いつもはシリンジを見ただけで逃げ回る“くぅ”が

今回は呼んだらすぐに近づいてきて

『ごめんね、ごめんね、、』と言うわたしの顔を

ちょっと不思議そうに見上げながら

自分からペロペロ飲んでくれました。

まるでわたしの気持ちを思いやってくれたかのように。。

そうなると余計辛く思える訳ですが(泣笑)

かぁちゃん、どうしたの?

飲ませてからグッタリしたり、食欲が落ちたら

すぐに病院へ連れてくるように言われてましたが

一回目の投薬から約5時間経った今は

特に変わった様子もなく、普通にしています。

今回の投薬治療は10日間で、ステロイド剤と

ビタミン剤を処方していただきました。

こうなってしまった原因は、さらに続きにてm(_ _)m

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット