Mダックス “ くぅ ” と一緒の       ぽやぽやな日々

よく動き、よく遊び、よく吠え。。おてんばミニチュア・ダックス       “ くぅ ” と毎日ドタバタなかぁちゃんのマッタリ?!ブログ

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 犬を生き埋めBLOGTOP » 動物愛護(ペットの殺処分etc) » TITLE … 犬を生き埋め

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬を生き埋め

首や胴を針金でキツく巻かれた犬、、

劇薬を掛けられ、皮膚が焼けただれた猫、、

ボーガンの矢が刺さった鳥、、

残酷極まりない動物虐待のニュースを

皆さん方も度々見聞きする事と思います。

そしてまた、心が痛むニュースがありました。

『犬が顔だけ出して生き埋め』

不幸中の幸いで、犬は無事保護されましたが

とても許される行為ではありません。

そのワンちゃんにとって、どれだけ恐怖だったか

どれだけ辛かったか、苦しかったか、を思うと

犯人をそれ以上の恐怖と苦痛を与える刑罰に

処してもらいたいと願ってしまう位です。

犯人にも心の闇や理由らしき物があるのかも知れません。

でもその対処や解消法として、何の罪も無ければ関係も無い

弱いものを虐待して良いという理由には絶対に成りません。


動物虐待や児童虐待などの『さもしい』ニュースを見ると

本当にやりきれない思いです。

動物虐待の場合、多くは器物損壊程度の罪にしかならず

もっと重罪になるよう動物愛護管理法の改正をして頂くか

日本もペットを飼う家庭が増えてきた事から

欧米のように動物虐待に関する意識を高めないと

こういった悲劇は増える一方でしょう。


近年、この様な事件が増え続けていますが

昔と比べ、物質的には有り余るほど豊富な反面

心がどんどん乏しくなっていく様が見て取れるようです。

このワンちゃんに、心優しき飼い主さんとの

出会いがある事を願って。。。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット