Mダックス “ くぅ ” と一緒の       ぽやぽやな日々

よく動き、よく遊び、よく吠え。。おてんばミニチュア・ダックス       “ くぅ ” と毎日ドタバタなかぁちゃんのマッタリ?!ブログ

12月« 2012年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避妊手術と抜歯

すごーくひさびさに “ くぅ ” のチビ時代の出来事を

みかなさんのブログ記事 を拝見し、思い出しました。

この記事の 『 れおクン 』 と同じく、永久歯に生え変わる時に

“ くぅ ” も上の乳歯2本(犬歯)が抜けずに残ってしまい

永久歯とくっついて並んでいる状態でした

ちょうど避妊手術を受けさせようと思ってた頃だったので

手術の相談&予約時に先生に相談してみる事に。

先生の 『 犬歯の根は鼻の下まであって深いので

避妊手術だけの時よりも麻酔の量が増えます。

当然、そのぶん身体への負担も大きくなるので

そのあたりを考慮してお決めください 』

とのお言葉に、どうしようかとても悩みました。

(この時“現時点ではあまりオススメできない”
 という印象をボンヤリですが受けました)



そもそも同時抜歯をお願いしようと思った理由は

・別個に抜歯すると、改めて全身麻酔が必要になる
 (身体への負担が大きい事をする回数が増える)

・長くこのままだと歯周病や虫歯になるリスクが高い

・永久歯の犬歯に無理がかかったり悪影響が出るかも

大きく言うとこの3つでした。

結果として、健康を害する恐れがある事は避けたかった。



その後、数回に渡り話し合い、同時の抜歯はやめる事に。

やめた理由は

・まだ小さいし、やはり身体への負担が心配

・そのうちに自然に抜ける事が少なくない

・噛む動作も普段と変わりなく正常で食欲もある

・永久歯の生え方に異常がなく、おおかた負担もない

・当面は虫歯の心配も少ない

そして身体的に全身麻酔に充分耐えうる6歳位までに

もし乳歯が抜けなかったら考えましょう、という事で。。



一種の賭けだったので、その後もしばらく心配でした。

でも病院へ行くたびに歯の状態も一緒にチェックしてくださり

お散歩の時に先生にバッタリお会いして挨拶をしたら

その場で 『 どうなったかな? 』 と歯を見てくださったり

しっかりとサポートしていただいたので助かりました。

それから7~8ヵ月後に2本ともポロッと抜け

『 あんなに悩んだのに何だかアッサリと・・(^^;) 』

と良い意味で拍子抜けしたのを覚えています(苦笑)



大切な大切な家族だから、皆さんも様々に悩み

心配しながら慈しんでおられる事と思います。

れおクンご一家にとっては、とんだ災難でしたが

何事も無く、れおクンも元気にしているようで

心底よかったなぁと感じました

『 れおクン、よくがんばったね!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット